男性

プロペシアの副作用を知る|セーフティーフサフサ情報

フィナステリドで薄毛改善

医薬品

薄毛改善治療薬としてAGAクリニックをはじめ広く利用されているプロペシアなのですが、服用するにあたり気をつけて頂きたい点があります。その一つが、妊娠している女性には絶対に触れさせてはいけないという点です。プロペシアの成分であるフィナステリドは胎児に大きな悪影響を及ぼします。外性器奇形という生殖異常を引き起こしてしまう可能性が大きく高まりますので、妊娠している女性の側には置かないようにしましょう。そして、次に副作用を発症する場合があるという点です。服用にあたり、精力低下や肝機能障害などの副作用が起こってしまう場合があります。副作用は、服用者全員ではなく、服用者のほんの一握りにだけ起こっているのですが、それでも自身も副作用が発症する恐れもなきにしろあらずですので、服用する際には体の異常に注意しながら服用するようにしましょう。

薄毛改善治療薬として知られていることからプロペシア自体に発毛効果があると思われがちですが、実はプロペシアの成分であるフィナステリドには発毛効果はありません。フィナステリドは男性型脱毛症の要因と言われているDHTの働きを抑えるという効果を持っています。男性ホルモンの一種であるDHTには髪の毛の成長を阻害するという働きがあります。このDHTの悪い働きを抑えることが出来れば、髪の毛が成長しきる前に抜けてしまうことを防ぐことが出来ます。髪の毛がしっかりと成長し、抜ける髪の毛が減れば自然と髪の毛の量も増え、薄毛は改善されていきます。フィナステリドが効きやすい体質の方であれば、服用から三ヶ月程度で効果を感じることが出来ます。