男性

プロペシアの副作用を知る|セーフティーフサフサ情報

飲んでAGAを予防する

落ち込む人

AGAの投薬治療

AGA外来では、AGA(男性型脱毛症)の治療がメインで出来ます。AGA外来では、主に投薬治療やメソセラピー、自毛植毛などができます。投薬治療はどこのAGA外来でも行われている、一般的なAGA治療です。投薬治療で使われるのがプロペシアです。プロペシアは「飲む育毛剤」という代名詞もあるほど、育毛効果が高い錠剤タイプの内服薬です。飲むタイプの他に塗るタイプもありますが、肝機能や体の健康状態に問題がない限りは、飲むタイプのプロペシアが処方されます。プロペシアはAGAの原因である「5-αリダクターゼ」の生成を抑え、脱毛の進行を止める働きをします。服用したほとんどのAGA患者が、脱毛が減ったのを感じています。

安全に飲むために

プロペシアを服用する上で必ず理解しておく必要があるのが、副作用です。プロペシアには、性欲減退や生殖機能の低下などの副作用が出るリスクがあります。また、頭痛やめまい、吐き気、一時的に脱毛がひどくなるなどの症状が出る場合もあります。これらの副作用が出たら、服用を中止することが大切です。服用を止めれば、ほとんどの症状が治って元通りになります。AGA外来などの医療機関で検査を受けて出してもらっている分にはいいですが、個人輸入に頼っていると、副作用が出るリスクが高くなります。個人輸入をしてプロペシアを購入する前に、AGA外来や皮膚科クリニックなどで検査を受けるのがお勧めです。検査だけなら5千円〜1万円程度で出来ます。